メンテナンスの重要性

直線上に配置フレーム直線上に配置アイコン タイヤがなんだかおかしい 2アイコン タイヤの空気圧車を運転するのはとても簡単、でも車のメンテナンスを気にかけている人は物凄く少ないと思うんだ。 タイヤの空気圧なんて前回いつチェックしましたか? 半年に一回でも見れば良い方なんじゃないかな? よく軽自動車なんかを見ると明らかに空気圧が足りない車を運転している女性何かが居るんだけどもそう言った教習所で習うレベルのチェックさえもしていない人が殆どじゃないかな? していないから悪いんじゃなくてしないのが当たり前になっているのが少し怖いと思うんだ。 車に乗っていると普段は気にしないかもしれないけれどちょっとした事で大きな事故を起こしてしまう時が有るんです。 私はバイクでも事故を起こしてしまったのですが、その時は猫が飛び出してきて転んでしまいました。 猫が突然飛び出してきたらどうしますか? 普通はブレーキを掛けますよね? このブレーキを掛けたからこそ転んでしまったのですから、もはや避けようが無かったのです。 そう言ったどうしても避けられない事故ってかなり多いと思うのです。 そうなってしまった問に初めて、普段忘れていた事故には気を付けなければいけないという気持ちが蘇ってくるんですね。 しかしその時に大怪我をしてしまってからでは遅いのです。 手遅れにならないためにも、自動車の危険度、注意力の低下、万が一の時の自動車保険、車のメンテナンス整備を見なおさないといけないんですね。 今回自分は痛い目を見ました。 そうして痛い目を見た後では、色々と感じるものが違います。 何と言っても注意力・気をつけようという気持ちが変わりますので、今ではあの時が有ったから今後お運転には気をつけようと思えるんですよね。 もうケガは懲り懲りです。 病院のベットの上で何も出来ないにもそうですが、治らないようなケガをしてしまったらと思うとゾッとします。 ついでにその入院生活で強く思ったことは、ケガでこんなに苦労するのだからもし、病気にでもなったらどうなってしまうのか?とものすごく怖かった思いが有ります。 ケガをして身体に大切さを知ったからこそ日々の生活にも気をつけようと思い始めたんです。

タイヤ選びって

車を新車で購入すると、元々新車用にタイヤがもちろん新品でついていますよね。 でも、車に乗っているうちにだんだんタイヤって消耗してくるものなので、新車の時はまったく気にしていなかったものも、消耗した後はどういったタイヤを買ったらいいのか、あまりよく分からないものですね。 しかし黒くてゴムのタイヤって、種類がたくさんあるみたいですが、どんな違いがあるんでしょうか。 タイヤの事を考える時、何を考慮するかというと、「車の乗り心地」「路面のグリップ」「燃費の向上」といった感じのポイントが挙げられます。 タイヤそれぞれにこういったポイントが異なっているため、自分がつぎに選んだタイヤ如何によって、これらのポイントが変わってくるということですね。 消耗したのに気がついてから購入すると、慌ててしまうため、いろんなポイントを考える余裕がなくなりますので、あらかじめタイヤの調子がいい時からしっかりチェックしておくといいですね。

タイヤの違いって 

タイヤってつるつるだと雨の日なんかに走っていて、制御が甘くなってしまって事故の原因になってしまうものですから、できるだけいい状態のタイヤをつけて、安全に走行したいものですよね。 ですが、そろそろタイヤが消耗して買い替えかなぁ…と思ったときにどういった基準でタイヤを選んだらいいのか良く分からないと思いませんか。 これを簡単にチェックするには、「タイヤラベリング制度」というものがあって、これを見たら、どんな性能のタイヤなのかってことが結構ひと目で分かっちゃうんですよ。 タイヤって燃費性能と制動能力という、どちらも必要なポイントが重要なので、片方だけ偏って選んでしまったらもう片方は残念な感じになってしまうのです。 ということでこのラベリングをチェックして自身がどんなタイヤをつけたいのか考えて選ぶのがベストなんですね。 贅沢ですけど、出来るだけ低燃費でありながら、制御はしっかりしたタイヤのほうがいいですからね

保険も大事

タイヤは安全のためにはちゃんとしなければいけません、しかしイザという時のためにも自動車の任意保険もちゃんと加入しなければいけませんね!
自動車保険 相場をチェックして軽自動車のでも確認しましょうね!
自動車保険相場Navi|安い納得の見積もり取得!任意保険の選び方
http://kurumahoken30.com/